【山形県】 船が韓国船に囲まれる妨害行為も見られた中…「中型イカ釣り漁船」初水揚げ 酒田市

NO IMAGE

【山形県】 船が韓国船に囲まれる妨害行為も見られた中…「中型イカ釣り漁船」初水揚げ 酒田市

1: LingLing ★ 2022/08/09(火) 21:13:56.81 ID:CAP_USER
「中型イカ釣り漁船」初水揚げ 山形県酒田市

今年6月に酒田港から出港した「中型イカ釣り漁船」がきょう、初水揚げしました。

酒田港の水揚げ量全体の7割以上を占める「スルメイカ」漁のため、県内の中型イカ釣り船団は今年6月11日に出航しました。

けさは船団で最大規模の「第86若潮丸」が今シーズンの初水揚げを行い、船内で急速冷凍された「船凍イカ」を漁協の関係者が協力しながら次々に下ろしていきました。

水揚げされたのは日本海中央部の大和堆西側や、小樽沖などで獲れた約1万1000ケースで、大和堆では船が韓国船に囲まれる妨害行為が見られた中、まずまずの量だということです。

今シーズンは一部の漁場が不漁の傾向で、1ケースあたり7000円以上の高値での取り引きが予想されています。

(県漁業協同組合・西村盛専務理事)
「鮮度は抜群。沖合の状況が芳しくないのでこれから秋口にかけて獲れるのか会社の社長や船頭は心配している」

「第86若潮丸」は漁場の大和堆に向け、今夜、再び出航します。

さくらんぼテレビ
https://news.yahoo.co.jp/articles/c4e157ff4a779bb30058e6dc7f2318f754c3724f


続きを読む

続きを見る

かたすみ速報カテゴリの最新記事